Far East Lodge No.1

 

We are the Masonic Lodge serving Yokohama, Japan.

 

Far East Lodge #1 is comprised of men from all walks of life, ages, races and religious beliefs. We all meet on the level and adhere to the same principles of Brotherly Love, Relief and Truth. We strive daily to improve ourselves and to enrich the lives of those around us. We seek to strengthen our communities through fellowship, benevolence, education and leadership. We are a Fraternity with a proud history and deeply rooted in ancient tradition.

 

 

“Freemasonry is dedicated to the purpose of making good men into better men; It also encourages its members to actively seek to better themselves through hard work, dedication, and education. To convey these lessons, symbols and allegories are used. Each of our visual symbols has a meaning which is designed to remind us of some moral or social virtue which we should learn and practice. The stories we tell in course of our three degrees of membership are allegorical and designed to be impressive to the initiate while teaching important lessons. Above all else, Freemasonry is dedicated to the brotherhood of all mankind.”

ファー・イースト・ロッジ No.1

 

われわれは、横浜のフリーメイソンです。

 

ファー・イースト・ロッジNo.1には、さまざまな人生経験、年齢、国籍そして信条を持った人々が集まっています。われわれは、みな同じ立場で集い、みな同じ‘友愛’、‘救済’そして‘真実’の原則を尊守しています。そして、日々より優れた人間性の高みを目指し、また、われわれの周りの方々の豊かな生活を願い活動を続けています。われわれは連帯、博愛、教育とリーダーシップをもって互いの結びつきの強化に努めています。われわれは、ここ極東の地、横浜で太古の伝統に深く根ざした歴史ある友愛団体を引き継ぐものたちです。

 

“フリーメイソンリーとは誠に、良い人をより良くすることにささげられています。メンバーは勤労、献身そして修養することでさらなる高みに自らが進むように自身の行動を磨くようになります。これを実践するための道具として、シンボルや逸話が使われます。シンボルのひとつひとつは、われわれに社会的な道理の習得や、善事の実行を想起させるように設計されています。また、多くの逸話は、メンバーが三つの段階をひとつずつ進むに従って伝えられ、寓話的な内容をもちながら重要な教訓が印象的に初学者に伝授されるように設計されています。そして、これらのいずれをもってしても、フリーメイソンリーは全人類の友愛のためにささげられているのです。”

 

 

 

 

© 2018 Far East Lodge No.1 all rights reserved.